Menu

海外口座が向いている人

グラフ

少資金で勝負

FXで取引をするには、口座開設をする必要がありますが、国内FX業者と海外fx業者があります。海外fxは、どんな人に向いているかというと、少ない資金で取引をしたい方です。FXで絶対に借金を背負いたくない、そしてフェアな環境で勝負をしたい方です。海外fxと国内FX、10万円の金額を証拠金として入金して取引し多大な利益を獲得できるチャンスがあるのは、海外業者です。数百倍のレバレッジで通貨ペアのポジションを持つことができるので国内FX業者で同じ利幅で決済した時の利益も何倍にも膨れ上がります。心配なのは、何百倍のレバレッジをかけて相場が思った方向に動いてくれれば多大な利益をもたらすことができますが、思わぬ方向に動くと少ない証拠金ではすぐに口座残高がマイナスになってしまうのではないかということです。そこは、海外fxの場合、負ける金額は入金した金額までと決まっています。日本国内FXだと追加証拠金が払えなくて借金することになったということがあります。海外は、ゼロカットがあるので口座残高がマイナスでも追加で入金を催促されることがないです。メリットがある海外FXですが、スプレッドは国内業者と比べると広めに設定されています。スプレッドが広いと、デイトレやスキャルピングをする人にとっては不利になります。日本国内では米ドル円0.3pipsのスプレッドの業者があるのに対し海外では1.3pips以上は開いています。ただ、海外はスプレッドが業者の利益になっています。国内は、スプレッドにトレーダーの損失分を利益としています。それは、注文がDD方式のためトレーダーの注文が直接インターバンクに流れず業者が注文を預かり売買をします。そのため、実際の相場と離れていることがあり、業者は負け分を利益とする分スプレッドを狭くできます。それが、理不尽と思う方は海外fxでの取引が向いています。

Copyright© 2018 海外fxのスプレッドを確認【参考になる情報を調べる】 All Rights Reserved.